<トッピクス>

・韓国 日本の印象「よくない」7割超

・上戸彩、10代に発売写真集2冊が電子版配信

・白石麻衣の動画にファン歓喜

・韓国 「NOジャパン」再拡散…

・LINE、韓国ネイバーが出前館を実質子会社に

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

B’z、デビューから32年の間にリリースした作品を5つの時代に分けて5週連続で無観客ライブを配信!

B’z、デビューから32年の間にリリースした作品を5つの時代に分けて5週連続で無観客ライブを配信!                                   

5週すべての公演で全楽曲を入れ替え、異なるセットリストとなるだけでなく、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替え!
B’zが、初のcを日本の玄関口である羽田イノベーションシティにあらたにオープンしたZepp Haneda(TOKYO)にて、10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催することが決定した。

配信ライブでは、1988年のデビューから2020年までの32年間を「5つの時代=5 ERAS」に分け、おのおのの時代にリリースした楽曲構成でライブを披露。5週すべての公演で全楽曲を入れ替え、異なるセットリストとなるだけでなく、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替え。まさにライブバンド、B’zのアイデンティティを最大限に生かした5大ロックスペクタルショーが、30年余りの時を経ても色褪せず、あらたな挑戦として幕を明ける。

コロナ渦ですべてが止まり、おのおのが予定していたソロツアーを延期せざるを得ない状況になった2020年今春。加えて、水面下ではすでに決定していた、B’z初のZepp Haneda(TOKYO)でのレジデンシー公演も先行きが不透明となり、誰もが経験したことのない日常を送るなか、「何もできない」と後ろ向きになるのではなく、経験したことのない今だからこそ「何かできること、今しかできないこと」を模索し、「デビューから32年の間にリリースした作品を5つの時代に分けてライブを届けること」に辿り着き、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1〜5』と題した今公演を決行するに至った...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】M-ON!

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community