<トッピクス>

・松本まりか、豊満な胸元あらわなショット

・男性アイドル、男女全年代で「嵐」が1位

・乃木坂46、4年前の写真集が重版決定

・「鬼滅の刃」米メディアも脱帽

・嵐の「アラフェス」無観客配信の過程と思い

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

韓国で相次ぐ「脱北女性」への性暴力事件─公的権力を武器に性的搾取をする保護官たち

韓国で相次ぐ「脱北女性」への性暴力事件─公的権力を武器に性的搾取をする保護官たち                                        

韓国で脱北女性を狙った性暴力事件が相次いでいる。

韓国放送局「KBSワールド」によれば、2020年7月に脱北女性の保護を担当していたソウル市の警察官が、女性に対して性的暴行をした罪で告訴された。女性の保護を担当していた1年半の間に警察官が暴行に及んだ回数は少なくとも10回に上るという。

また、9月には韓国軍の情報司令部員2人が2018~19年の間に、別の脱北女性にレイプや性的暴行を繰り返した罪で起訴されたと「ロイター通信」などが報じている。被害者の女性は性暴力によって2回妊娠しているが、加害者男性から中絶しろと圧力をかけられたという。

脱北者は原則として5年間、担当の警察官の保護下に置かれる。その間両者の間に不均衡な力関係が生じ、それが性暴力を誘発しているのだと韓国の北朝鮮専門メディア「NKニュース」は指摘する。

性暴力被害を受けた脱北女性を支援するチョン・スミ弁護士は、「加害者たちは公的な権力を誤用し、脱北女性を性的に搾取している。これは人間性に対する犯罪だ」と話す。約72%の脱北女性が、韓国の現行の身辺保護官のシステムに危険を感じると答えており、8月には女性に保護官の性別を選ばせる法案が提出された...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】クーリエ・ジャポン

copyright froteir-community