<トッピクス>

・蓮舫氏 首相の施政方針演説原稿を事前に投稿

・自民・二階氏、野党に結集呼び掛け中にやじ

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

サムスン『日本に学んだ』韓国メディアは触れず

サムスン会長が語った『日本に学んだ』に韓国メディアは全く触ず                                                                                                   

小5の時から東京の学校に通い始めた。
10月25日、サムスンを世界の一流企業に成長させた李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が死去した。2014年5月、彼は心筋梗塞で入院し、6年以上も闘病生活を送っていた。韓国メディアは連日関連報道を行い、彼の企業経営の手腕を称えているが、「日本で学び育った」ことについては全く触れることがない。

 サムスン電子は2010年にスマートフォンブランド「ギャラクシー」を発売し、2012年にはアップル社の「iPhone」を抜き、世界のスマートフォンのシェア1位となった。

 サムスン電子は現在、アップル、Xiaomiと共にスマートフォンBIG3と呼ばれており、その売上高は今年度、韓国のGDPの20%近くを占めることが明らかになっている。

 世界的なブランディング専門会社「インターブランド」が発表した2020年の「ベスト・グローバル・ブランド」において、サムスン電子のブランド価値は約623億ドル(約6兆5330億円)となり、アップル、アマゾン、マイクロソフト、グーグルに次いで5位となった。

 そんなIT帝国を率いてきた李健煕会長を語るとき、日本を抜きにはできない。

 サムスングループの創業者である父・故 李秉喆(イ・ビョル)は、1929年から31年まで日本に留学し早稲田大学政治経済学部で学んだ。

 経営者となった1950年代、砂糖と小麦粉など食料品と毛織物製造事業への進出を計画。シャープ、新日本製鐵、伊藤忠商事との取り引きを通じて日本の技術とノウハウを積極的に導入した...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】デイリー新潮

copyright froteir-community