<トッピクス>

・蓮舫氏 首相の施政方針演説原稿を事前に投稿

・自民・二階氏、野党に結集呼び掛け中にやじ

・韓国 元慰安婦訴訟 日本は無視で判決確定

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

日本国相手の慰安婦裁判が結審、火種再燃か・・・来年1月に判決

【中央日報】日本国相手の慰安婦裁判が結審、火種再燃か・・・来年1月に判決                                                    

韓国人の元慰安婦らが損害賠償を求めて日本政府を訴えた裁判が11日、韓国の裁判所で結審しました。判決は来年1月に言い渡されます。

 この裁判は、元慰安婦ら20人が精神的・肉体的な苦痛を受けたなどとして、日本政府を相手取り、およそ2億8000万円の損害賠償を求めているものです。

 ソウル中央地裁で11日に開かれた最終弁論では、日本側が欠席するなか、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(91)が、「日本は私たちが生きている間に謝罪と賠償をしなければ、永遠の戦犯国家となるだろう」と強い口調で訴えました。
 「老人になってまで、ここで訴えなければならないことなのか。私たちが死んだら、誰に謝罪、賠償するのか。何の意味もない」(李容洙さん)

 日本政府は、国家は他国の裁判権に服さないとする国際法上の「主権免除」の原則に基づき、訴訟の却下を求めています。来年1月13日に言い渡される判決で、「主権免除」の原則が認められなければ日本政府の反発は必至で、2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した慰安婦問題が、再び日韓の火種となる可能性もあります...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】TBS

copyright froteir-community