<トッピクス>

・蓮舫氏 首相の施政方針演説原稿を事前に投稿

・自民・二階氏、野党に結集呼び掛け中にやじ

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

モーニング娘。‘20、“すれちがい”を表現した「ギューされたいだけなのに」MV公開

【MV】モーニング娘。‘20、“すれちがい”を表現した「ギューされたいだけなのに」MV公開                                           

アイドルグループ・モーニング娘。’20の69thシングル「純情エビデンス/ギューされたいだけなのに」(12月16日発売)のうち、「ギューされたいだけなのに」のミュージックビデオ(MV)が28日、YouTubeで公開された。

 MVのコンセプトは「すれちがい」。わかってくれない気持ち、伝わらない思い。そのもどかしさを、スローシャッターや多重露光などを使って自分自身の気持ちとのすれ違いを表したり、さまざまな表情やポージングの映像を重ねることで複雑に絡み合う感情を表現する。

 作詞作曲を手がけたつんく♂がタイトルにするか迷ったという「ウサギちゃんシンドローム」が歌詞のキーワードとなっており、譜久村聖や生田衣梨奈、石田亜佑美のウサギ姿も注目ポイント。別ショットを重ね、人格の二面性を表現している。

 つんく♂はライナーノーツでメンバーに向けて「サウンド的には速いテンポには聞こえないですが、かなり細かい音符が入ってます。ダンスを大ノリで作ってしまうのは(踊ってしまう)のは簡単だけど、この曲はドラマチックにちょっとミュージカルの1シーンのようにゴージャスに仕上げると他の曲と違った個性的なポジションになるはず」とコメントしている。


「ギューされたいだけなのに」MV視聴は動画ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】 

copyright froteir-community