<トッピクス>

・蓮舫氏 首相の施政方針演説原稿を事前に投稿

・韓国慶尚北道氏 日本の歴史わい曲…対馬奪還

・韓国 元慰安婦訴訟 日本は無視で判決確定

・産経 FNN世論調査 若者や学生の支持高く

・韓国、WTO上訴 日本製ステンレス棒鋼関税

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

木村拓哉、若手俳優たちへの“皮肉”に込めた真意 『教場II』での健闘称える「誰も腐ってなかった」

木村拓哉、若手俳優たちへの“皮肉”に込めた真意 『教場II』での健闘称える「誰も腐ってなかった」                                   

冷酷かつ最恐、警察学校の教官・風間公親が帰ってくる。歌手で俳優の木村拓哉(48)が主演する、フジテレビ系新春SPドラマ『教場II』が来年1月3、4日に放送される。今年1月放送の前作では、神奈川県警警察官学校の生徒たちの本性を暴き、時に非情なやり方で、ふるいにかけていく風間が、義眼に白髪というスタイルも併せて、これまでの木村のイメージを覆す役柄として話題を呼んだ。そして1年後、新たな生徒たちを迎えて“風間教場”が再び開講する。木村にとって「挑戦的な部分があった」という今作、若手俳優たちとの共同作業を経て、感じたことを語ってくれた。

 原作は「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を総ざらいした長岡弘樹氏の『教場』シリーズ。警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化され、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品の第2弾となる。第1弾は二夜連続で個人全体視聴率9.9%(4日:世帯視聴率15.3%、5日:世帯視聴率:15.0%)を獲得するなど好評を得た(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

 「正直、もう一度やるとは思ってなかった。制作サイドのフジテレビさんや、前作を見てくださった方から『もう一度』という声をいただいたのがうれしかった。今回、『II』という風に仕切られている感じが照れくさい。パッケージとしては『II』ですけど自分のなかではつながっている感覚でやらせていただいてます」と率直な思いを語った...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community