<トッピクス>

・蓮舫氏 首相の施政方針演説原稿を事前に投稿

・韓国慶尚北道氏 日本の歴史わい曲…対馬奪還

・韓国 元慰安婦訴訟 日本は無視で判決確定

・産経 FNN世論調査 若者や学生の支持高く

・韓国、WTO上訴 日本製ステンレス棒鋼関税

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

日本、WTOパネル勝訴 韓国のステンレス棒鋼関税で

日本、WTOパネル勝訴 韓国のステンレス棒鋼関税で                                                          

世界貿易機関(WTO)は30日、韓国が日本製ステンレス棒鋼に適用している反ダンピング(不当廉売)関税がWTO協定違反だとする紛争処理小委員会(パネル)の報告書を公表した。日本が勝訴した形で、韓国は不服の場合、60日以内に最終審に当たる上級委員会に上訴できる。

 ただ上級委は、米国の反対で委員が補充されず機能不全に陥っている。上訴しても手続きが進行する見通しは立っていない。

 ステンレス棒鋼は腐食や高熱に強く、自動車や産業機械のバルブに加工して使われる。韓国は2004年7月に日本が不当に安く輸出しているとして15.39%の追加関税を課し、3回延長。韓国での日本製のシェアは、課税前の51%(02年)から11%(19年)に減少した。

 日本の要請を受け、WTOは18年10月に一審に相当するパネルを設置した。日本は、特殊鋼中心で高価格帯の日本製品と、汎用(はんよう)鋼中心で安価な韓国製品は「競争関係にない」として、韓国の関税が不当だと主張してきた。

 韓国の対日反ダンピング関税はステンレス棒鋼を含め5件ある...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】時事通信

copyright froteir-community