<トッピクス>

・文氏、解決は「日本の謝罪次第」

・接種後死亡に4420万円 国が補償

・徴用工 韓国の捏造冊子に島民が反論

・竹島はJAPAN表記の航空図、新たに9点

・ハーバード大教授「慰安婦は強制ではない」

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

韓国初の百科事典に「独島領有権」の証拠発見…日本の「朝鮮忘却説」への反論根拠に

【中央日報】韓国初の百科事典に「独島領有権」の証拠発見…日本の「朝鮮忘却説」への反論根拠に                                         

鬱陵島(ウルルンド)と独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権を立証する新たな資料が韓国初の百科事典などから発見された。慶尚北道醴泉郡(キョンサンブクド・イェチョングン)醴泉博物館に所蔵された『大東韻府群玉』(1589)と『東西彙纂』(19世紀)、『東国通志』(1868)などに鬱陵島・独島に関する多くの内容が確認された。


1日、醴泉郡によると、朝鮮中期の文官・権文海(クォン・ムンヘ、1534~1591)が編纂した韓国初の百科事典『大同韻府群玉』(宝物第878号)の内容のうち、島(ト、島)、悍(ハン、荒々しさ)、獅(サ、獅子)など一般的な名詞概念の説明で鬱陵島が韓国の地名として登場する。これについて専門家らは、朝鮮前期に韓国人の思考体系の中で鬱陵島が日常的に流通・活用されていたことを証明する史料として評価した。

これは、これまで日本の学界が朝鮮後期まで韓国が鬱陵島と独島を忘れていたとする主張に反論する根拠となる。日本の学界は「朝鮮政府の空島政策の結果、朝鮮社会は鬱陵島と独島を忘却し、17世紀の安龍福(アン・ヨンボク)と日本の衝突、19世紀の日本の朝鮮半島侵略により朝鮮人が鬱陵島・独島を再発見した」と主張してきた。

ソウル大学奎章閣(キュジョンガク)韓国学研究院専任研究員のホン・ムンギ博士(独島史料研究委員)は「朝鮮時代の鬱陵島に関する知識が知性界で流通・活用された事例として朝鮮社会が鬱陵島・独島を忘却したという、日本の学界の主張に強く反論する資料」と評価した。

醴泉博物館は宝物268点を含む計2万点の遺物を確保し、韓国の公立博物館の中で最も多くの宝物を所蔵する場所として知られている。22日、「独島博物館と共にする共同企画展」で新たに発見された鬱陵島・独島関連の所蔵品を一般公開する予定だ...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】中央日報

copyright froteir-community