<トッピクス>

・日韓戦、敗戦後の韓国投手に反民族行為者

・韓国 選手団に「福島産食べるな」

・反日横断幕の撤去後に…次は垂れ幕掲げる

・蓮舫氏 西村氏発言をツイッター貼り付け批判

・韓国 東京五輪の福島産ブーケに放射能を懸念

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

KAT-TUN、デビュー15周年の心境語る コロナ禍での活動は「どうお返しができるかが大切」

KAT-TUN、デビュー15周年の心境語る コロナ禍での活動は「どうお返しができるかが大切」                                         


人気グループ・KAT-TUNが8日発売の『週刊朝日 2021年 3/19増大号』(朝日新聞出版刊)の表紙を飾っている。3年ぶりとなるシングル「Roar」を発表する3人がカラーグラビアとスペシャルインタビュー計9ページにわたって登場。デビュー15周年を迎え、今月からは2年ぶりに全国でライブを行う予定の同グループが現在の心境やメンバーやファンに対する思い、コロナ禍での活動についてなどたっぷり語っている。

 スペシャルインタビューでは、亀梨和也がコロナ禍での活動について「求めていただいているファンの皆さんに対して、どうお返しができるかが大切。その中で自分が提示したいもの、自分らしさというもののバランスをとって発信していきたい」と意欲をみせる。

 上田竜也はジャニーズJr.時代にジャニー喜多川さんに「ユー、芝居がすごくいい」と褒めてもらった言葉を今でも大事にしていると告白。中丸雄一は「とにかく心の底から楽しむ気持ちを大事にしていきたいですね」とこれからを見据える。メンバーお互いやファンについて3人がどう考えているのか、貴重な内容のインタビューとなっている...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community