<トッピクス>

・若者が期待する「政党」1位は自由民主党

・韓国 選手団に「福島産食べるな」

・反日横断幕の撤去後に…次は垂れ幕掲げる

・蓮舫氏 西村氏発言をツイッター貼り付け批判

・処理水反対の韓国市民 五輪開催で日本政府批判

・韓国 東京五輪の福島産ブーケに放射能を懸念

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

乃木坂46 1期生が初の冠ライブで「10年の絆」 メンバープロデュース含む緩急自在25曲

乃木坂46 1期生が初の冠ライブで「10年の絆」メンバープロデュース含む緩急自在25曲                                   


アイドルグループ・乃木坂46の1期生が29日、無観客配信ライブ『乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~1期生ライブ~』を実施した。10年目で初となる1期生冠ライブには現役8人が顔をそろえ、2時間半で全25曲を披露した。

 乃木坂46は2011年8月21日、オーディションで応募総数3万8934人の中から選ばれた33人で結成された。10年目を迎え、秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、高山一実、樋口日奈、星野みなみ、松村沙友理、和田まあやの8人となった現役の1期生は、セーラー服衣装で登場すると「制服のマネキン」「会いたかったかもしれない」「指望遠鏡」「君の名は希望」と初期の楽曲を立て続けに披露した。

 キャプテンの秋元が「最初1期生は30人以上いたんですけど、その中から8人が残ってここまでやってきました」と報告すると、生田は「円陣小っちゃかったね。珍しく始まる前、弱気になっちゃったけど、励ましあって、すごく初心を思い出した」と少ししんみりしつつも「始まってみたら楽しいから、このまま突っ走れたら」と意気込み。高山は「昔の乃木坂も大好きだけど、今の乃木坂もめちゃくちゃ好き」と伝え、樋口は「出会った頃から変わらない1期生の仲の良さ、絆を、画面を通してお伝えできれば」と配信視聴者に呼びかけた。

 目玉企画として「メンバープロデュース」企画にも挑戦した。全員が自分以外の7人分のプロデュース企画を出し、各メンバーが抽選で引いた企画を披露するというもの。生田は星野プロデュース「13日の金曜日」をメイド風衣装で歌って踊り、秋元は齋藤プロデュース「Out of the blue」を「猫の着ぐるみで猫語で歌唱」のミッションを遂行するため、猫耳をつけて白猫になりきり「ニャニャニャニャ…」と歌唱。生田は「いい感じに腹が立った。褒めてる(笑)」と感想を伝えて笑いを誘った。

 高山のことを「日本で一番優しい女性」と評する松村Pは、それゆえに「必死さが伝わらない」として、「乃木坂46史上最高のクオリティー」でのピアノの弾き語りを指令。練習を重ねてきたVTRが流れたあと、高山は「僕のこと、知ってる?」を弾き語りし始めた。しかし、カメラのアングルが変わると、エア演奏だったことが判明。途中からおもむろに立ち上がった高山は、ハンドマイクで熱唱し始め、視聴者は大爆笑した。それでも最後のワンフレーズは指を震わせながらリアルに弾き語り。乃木坂46のピアノ演奏担当・生田は「あの演出を見て、かずみん(高山)にジェラシー感じたよ。弾いてるように見えるじゃん!」と笑った。

 樋口は星野プロデュース「命は美しい」を引き当て、「カッコいい“ひなちま”(樋口)のダンスを見たい」とのリクエストに応え、間奏ではショートヘアを振り乱してソロダンスを披露した。一転、秋元から齋藤へのリクエストは、「とにかくかわいく、視聴者が彼氏目線になれるもの」。ピンクのキュートな衣装で「ロマンスのスタート」をパフォーマンス中、秋元Pがボードで掲げる「甘える」「ズッキュン」「キス顔」の要望に応え続けた齋藤は「ふざけんな!」と言葉を荒げつつ大照れした。和田Pは星野に「すごくかわいい印象からかけ離れたセクシーさ」を求め、目隠し演出なども取り入れた「欲望のリインカーネーション」を色っぽく演じ、ファンをギャップ萌えさせた。

 「まっつん(松村)の歌声が好き」という生田Pは...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community