<トッピクス>

・若者が期待する「政党」1位は自由民主党

・韓国 選手団に「福島産食べるな」

・反日横断幕の撤去後に…次は垂れ幕掲げる

・蓮舫氏 西村氏発言をツイッター貼り付け批判

・処理水反対の韓国市民 五輪開催で日本政府批判

・韓国 東京五輪の福島産ブーケに放射能を懸念

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

石原さとみ、ドラマ撮影前に綾野剛と文通「言葉にたくさん救われました」

石原さとみ、ドラマ撮影前に綾野剛と文通「言葉にたくさん救われました」                                      


女優の石原さとみが、12日発売の女性ファッション誌『BAILA』5月号(集英社)の表紙に初登場。読者アンケートでも常にダントツの人気を集めてきた石原が、肌見せの黒ブラウスをまとい、大人の色っぽさあふれる姿で記念すべき初表紙を飾った。

 表紙のメイクは、14日スタートの日本テレビ系新ドラマ『恋はDeepに』(毎週水曜 後10:00)で演じる主人公・渚海音(なぎさ・みお)をイメージして、石原が自ら考案したもの。こだわりのポイントは誌面でもじっくり解説している。

 誌面では「みんな、石原さとみになりたい人生だった。34歳、石原さとみの今」と題したインタビューを8ページにわたって掲載。数々の映画、ドラマ、舞台、CMに出演し、第一線を走り続け、その圧倒的な美しさで常に多くの女性の憧れとなり続けている石原の魅力に多方面から迫る。ライフスタイルや働き方が一変した今の時代に、仕事観や人間関係、ライフスタイルで変化したこと、“美”の秘密、女優という仕事についての思いなどを率直に語った。

■石原さとみコメント
・ライフスタイルで変化したことについて
アイディアを生み出したり、分析したり……。頭がぐるぐる稼働しているのが常なんです。アドバイスされて、メディテーション(瞑想)を始めました。考えを整理したり、リフレッシュできるようになると、切り替えがより早くなって集中力も上がるようになりました。

・女優という仕事について
エンタメはなくても生きていけるけど、あると人生を豊かにしてくれるもの。もう一度、その力を信じようと思うんです...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community