<トッピクス>

・若者が期待する「政党」1位は自由民主党

・韓国 選手団に「福島産食べるな」

・反日横断幕の撤去後に…次は垂れ幕掲げる

・蓮舫氏 西村氏発言をツイッター貼り付け批判

・処理水反対の韓国市民 五輪開催で日本政府批判

・韓国 東京五輪の福島産ブーケに放射能を懸念

都道府県
市区町村
-----
性別
年齢
キーワード

上記エリアを設定後、検索したいコンテンツを下記よりお選び下さい

エンタメ&ニュース
出会い
アンケート調査&結果
楽天 YouTube Gguide 食べログ Twitter FaceBook instagram Gmail

Snow Man、『滝沢歌舞伎』生のパフォーマンスに宿る“真価”と“進化”

Snow Man、『滝沢歌舞伎』生のパフォーマンスに宿る“真価”と“進化”                                       


人気グループ・Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二、目黒蓮)が、昨年1月のCDデビュー後初となる舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2021』を東京・新橋演舞場にてスタートさせた。この1年、さまざまなメディアを通してファンを増やし続け、躍進を遂げてきたが、生の舞台ではそれとはまた違った9色の輝きを放っている。初日前ゲネプロでは彼らの板の上でこそ発揮される“真価”と“進化”を感じた。(以下、本公演ネタバレを含みます)。

 久々の舞台、ファンの前に立つ機会も少なかった彼らは、この1年間に、バラエティーや映画、テレビ露出も急増し“テレビの中の人”となった。だが冒頭、300万枚の青い桜の花びらのなかで始まる「ひらりと桜」では、医療従事者へのエールを込めたという“青”の衣装を身にまとった9人が現れたのを皮切りに、次々に目の前でリアルな体験として繰り広げられるパフォーマンスによって、エンターテインメントの素晴らしさを身を持って証明してくれる。

 いまや『SASUKE』常連となり筋肉自慢のリーダー・岩本はそのブレのない体幹によって激しい殺陣でも名物『腹筋太鼓』でも余裕さえも感じる佇まい。深澤は時代劇パート『鼠小僧』では団子屋の女将“お丸さん”としてアドリブをきかせつつ、前半の『Maybe』では阿部とともに透き通るような歌声で聞かせるなど最年長としてグループを支える“器用さ”が際立つ。

 ラウールは普段の最年少らしい無邪気な一面も舞台上ではひょう変。『Maybe』ではその長い四肢による感情を揺さぶるダンスで引き込み、時折みせる客席を挑発するような視線にも思わずゾクゾクする。いつもはつらつとしていて、まるでバネがついているように軽やかなアクロバットで驚かせてくる佐久間は『歌舞伎』パートでは、かわいらしい女形でウットリさせるなどギャップも魅力だ。

 同じく女形に挑戦する阿部はかわいい、というよりもキレイ寄り。だが大迫力の殺陣『九剣士』では“ワルい顔”や、『鼠小僧』では天気予報士の資格を持つことで“お天気コーナー”が取り入れられていたりと引き出しの多さが存分に発揮される。モデルとしても活躍する目黒はスタイルの良さを生かしたダンスは安定していながら『鼠小僧』では悪役として向井とともに華のある色気を放っている...


続きは詳細ページへ

【ニュース提供】ORICON NEWS

キーワード:【エンタメ】

copyright froteir-community